シナラ、京王エージェンシーとジーニーのデジタルサイネージの広告価値の可視化に向けた実験に参画

シナラシステムズジャパン株式会社(本社:東京都港区 以下シナラ)は、株式会社京王エージェンシー(本社:東京都新宿区)と株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区)が7月から開始するデジタルサイネージの「広告価値の可視化」に向けた実証実験に参画しました。
弊社が提供する位置情報プラットフォームを通して統計的な処理によって十分に匿名化を施したデータの提供を行います。
本データはデジタルサイネージの広告視認可能者数やその属性の推定に使われます。
サイネージのリーチ数やコンバージョン数を提供することで、広告主は定量データに基づく精度の高い費用対効果の検証やクリエイティブの改善などに活かせます。

リリースの詳細は下記参照
URL:https://www.keio-ag.co.jp/news/654/

今後もシナラは位置情報を使い、広告主の課題解決を推進していきます。

Related 関連記事

    記事が見つかりませんでした

まずはお問い合わせください

お問い合わせ