Cinarra米国本社、経営幹部の任命を発表

グローバルな拡大に、新たなリーダーが注力

カリフォルニア州サンタクララ – モバイルネットワーク事業者(MNO)にデータマネタイズソリューションを提供する位置情報分析企業であるCinarraは、本日3人の新しい幹部が加わったことを発表しました。Anders Evjuは、グローバルのMNOパートナーシップを事業開発担当副社長としてリードし、Dmitriy Setrakyan、エンジニアリング担当副社長が同社の全世界のエンジニアリングチームを統括し、マーケティング担当副社長としてEric Klotzが国内外のすべての市場をリードします。
Anders Evjuは、グローバルプラットフォーム企業の設立及び拡大を成功させた実績のあるリーダーです。グローバルな拡大を牽引するリーダとしてCinarraに加わる前は、Napster(旧名Rhapsody)で副社長を務めていました。またPlayphoneのCMOとして、世界的な事業開発、戦略および世界的なマーケティング活動を主導しました。(Playphoneは2014年にGungHoに売却されています)。その他Andersは、2007年にOberon Mediaに売却されたモバイルゲームプロバイダ、I-playの共同設立者でもあり、副社長として事業を推進していた経歴があります。

Dmitriy Setrakyanがエンジニアリング担当副社長としてCinarraに加わる前は、10年以上前に共同設立したGridGain Systemsのチーフプロダクトオフィサーとして活躍していました。エンジニアリングおよび開発プロセス、製品戦略、アーキテクチャの監視、および機械学習における豊富な経験を持ち、クラウド環境に展開されたSaaSベースの製品を含む複数の製品ラインの管理に成功しました。

Cinarraでマーケティングを統括するEric Klotzは、MarTech業界でリーダー的な存在でした。OMDでは新しいメディアマネージャを務め、その後Say Mediaのディレクター、PubMaticのグローバルマーケティング及びリサーチ担当副社長、Affinioのマーケティング担当副社長、またAdExchangerのマーケティング責任者を務めた経歴があります。
Cinarra USのCEOであるSundi Sundareshは、次のように述べています。「新たな成長段階に入った今、実績のあるリーダーシップスキルを持つ3人の新しい幹部を迎え入れることに興奮しています。 Cinarraは、今後もデジタルマーケティング、ビッグデータ、データプライバシー、そしてクラウドベースのSaaSソリューションを基に、モバイル業界に関する深い知識及び、豊富な経験、そしてプライバシー保護を念頭においたテクノロジーにより、モバイルネットワーク事業者が、安全に、彼らのデータから収益を得ることを目指しています。

CINARRAについて
Cinarraのプライバシーに十分に配慮したロケーション分析プラットフォームは、モバイルネットワーク事業者が保有する精度の高いデータを活用して、企業のマーケティング担当者が顧客のカスタマージャーニーを理解することを可能とし、通信事業者に新しい収益源を提供していきます。現在、Cinarraは毎日何十億ものロケーションのアップデートを処理しており、5Gネットワークにおいてもデータ収益化ソリューションを推進する準備が整っています。Cinarraは現在様々なフォーチュン500ブランドのロケーションベースキャンペーンを推進する主要パートナーと協力しています。

Cinarraは、SoftBankとAlmaz Capitalから2500万ドルの資金を調達しており、本社はカリフォルニア州サンタクララにあります。またCinarra systems Japanは、日本における位置分析とデータ収益化においてリーディングカンパニーの一つです。

Related 関連記事

まずはお問い合わせください

お問い合わせ