調査Survey

位置情報を活用したネットリサーチ

位置情報でアンケート対象を選定

OOHの効果測定から商圏分析まで幅広く活用可能

アンケート項目は自由に設定可能

資料で見る ▶︎

Location Based Researchとは?
位置情報を使ったアンケート調査

位置情報を使うメリット

従来調査対象として抽出が難しかったユーザーに対して
調査が行えます

商圏内生活者

屋外広告前検知者

特定観光地への旅行者

お客様のニーズに合わせたパネルの抽出が可能です

ご利用シーン

出店計画の材料として

商圏をより深く理解

商圏訪問者に対して定性調査を実施することで、その商圏の特性をより深く理解するお手伝いをします。例えば、競合店舗の利用状況や普段の買い物状況をヒアリングすることで自店舗との相性をより深く見極めることができます。

OOHの効果検証として

高精度なスクリーニングによる調査

位置情報を使ってスクリーニングすることで、OOHの視認範囲に訪問したユーザーに対してブランドリフト調査を実施できます。購買意向や認知度など各種設問のヒアリングを通してOOHの効果を客観的に把握することができます。

マーケティング戦略立案として

ユーザーのリアル行動を元に分析

位置情報を活用したリアル行動を元に調査を実施することで、マーケティング戦略立案の検討材料に活用出来ます。例えば、アウトドアのライト層に向けたキャンペーンを検討する際、位置情報を使うことでキャンプ場や登山ユーザーを抽出、各種設問で調査することができます。

シナラはプライバシーに配慮しています

技術的仕組み・社内運用と2つの取り組みを通してプライバシー保護と データの健全な活用を推進しています。

技術的な仕組み

データパートナーからデータその ものを出さない仕組み

その元データも複数回の匿名加工を実施

社内運用

ガイドライン

審議会の設置

ガイドラインをドキュメント化、 社内教育も推進

判断が難しい場合は審議会へ審議 依頼を行うフローを整備

導入事例

CASE①

パーソルキャリア株式会社

電車内ステッカー広告の効果検証

様々な企業に導入して頂いております。